水漏れ修理の前に対策を実施

自宅で水漏れが発生した場合は業者に修理を依頼しましょう

浴室での水漏れを防ぐ方法

浴室で水漏れが発生してしまった場合は、水漏れ修理を依頼する前にできるだけ対処しておくといいでしょう。これ以上、被害が拡大しないようにすることが大切です。修理業者がおすすめする対処法を行ないましょう。

水漏れ修理業者に聞いた対処法

蛇口のつけ根から水漏れが起きている場合はどうしたらいいですか?
蛇口本体の取り付け部分から水が漏れている場合は、増す締めを行なって症状を改善しておきましょう。しかし配管が古いと作業をした後に破損が生じてしまう可能性があるので、増す締めを実施する際は配管や設備の状態をよく確認してから作業を行なうようにしましょう。無理に増す締めをすると水漏れが悪化し、修理費用が高くなります。
蛇口のパッキンが劣化している場合はどうしたらいいですか?
一般的な蛇口に使われているパッキンはホームセンターなどの場所でも購入することができるため、個人でパッキン交換を行なって水漏れを解消することも可能です。しかし個人で修理を行なうとトラブルが悪化してしまう危険性があります。なるべく迅速かつきちんと水漏れを解消しておきたい場合は、当方に修理をご依頼ください。
蛇口を強く締めても効果がない場合は?
止水栓を回すことで水の流出を止め、それ以上水漏れが発生しないように対処しましょう。止水栓の設置してある場所は住宅によって異なるため、止水を行なう際は住宅全体をくまなく探してみましょう。マンションなどの建物は玄関の左右どちらかに止水栓が設置されていることが多く、一戸建て住宅の場合は敷地内のどこかに設置されています。
蛇口とシャワーホースの接続部分から水漏れが起きたらどうしたらいいですか?
シャワーホースと水栓が接続されている部分のナットを閉めれば、こうした水漏れは簡単に解消することができます。しかし場合によってはパッキンが劣化することで水漏れが発生していることもあるため、ナットを閉めてもトラブルが改善されない場合は私たちにご相談ください。どのようなタイプのトラブルも、適切な対応で修理してみせます。
TOPボタン